服装のマナー

・お通夜の服装
訃報を聞いて急いで通夜に駆けつける場合は喪服ではなく「地味な平服」で問題ありません。
平服の場合、男女とも、黒・グレー・紺などできるだけ地味な服装が望ましいです。女性は肌の露出の少ないものを選びましょう。
訃報を聞いて半日~1日ほど時間があるのであれば、「喪服(略式喪服)」で伺っても問題ありません。

・葬儀の服装
男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルの「喪服(略式喪服)」を着用します。
事情がある場合は平服でもかまいませんが、グレーや紺など、できるだけ地味な服装が望ましいです。
男性の場合、白のシャツ、黒のネクタイ、黒の靴、黒の靴下が望ましいです。
女性の場合、肌の露出を少なくし、化粧・香水は控えめに、髪もできるだけシンプルにまとめます。肌色か黒色のストッキングを身に着け、サンダル・ミュール等の履物は避けましょう。
結婚指輪以外のアクセサリーは基本的にはつけませんが、パールのネックレスかイヤリングのどちらか片方はつけてよいとされています。
子供の場合は、制服がある場合には制服を着用し、ない場合には地味な服装が望ましいです。
お通夜・葬儀に参列する際には、数珠を忘れずに持って行くようにします。

記事ピックアップ

  • 葬儀の持つ意味

    近年、葬儀の形態が多様化して、従来型の規模の大きなお葬式が減少してきています。家族葬、密葬や直葬など、こじんまりと近親者だけで執り行われるケースが増えています。その理由は、…

  • 服装のマナー

    訃報を聞いて急いで通夜に駆けつける場合は喪服ではなく「地味な平服」で問題ありません。平服の場合、男女とも、黒・グレー・紺などできるだけ地味な服装が望ましいです。女性は肌の露出の少ないものを選びましょう。訃報を聞いて…

  • 葬儀社の決定

    ご臨終に立ち会ってから、遺族が葬儀までに行うことは多岐にわたります。 病院で亡くなった場合、まず最初にご遺体の安置場所を決めて搬送するという課題に直面します。この前の段階で葬儀社が決まっていれば…

  • 祭壇の種類

    葬儀の式場で最も目立つのが祭壇です。また祭壇費用が葬儀費用全体の中でもかなりの部分を占めます。仏式の祭壇は浄土をイメージしたもの…