葬儀のマナー

葬儀のマナーとして服装と香典・供花についての注意点を説明します。

お通夜の服装は急に駆けつけるため喪服ではなくて地味な平服で問題ありませんが、葬儀の服装は、男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルの喪服を着用します。
男性はシャツは白でネクタイ・靴等は黒が望ましいです。女性の場合は肌の露出は少なくして、化粧・香水も控えめにします。子供の場合、制服がある場合はそれを着用します。
参列の際に数珠を持参するのは基本です。

香典を用意する際、香典袋には住所、姓名、金額をはっきり記入して、表書きは仏式の場合は「ご霊前」「お香典」、神式の場合は「御玉串料」、キリスト教式の場合は「御花料」等と書くのが一般的です。

供花は、最近は生花が一般的です。会場の都合もありますので、遺族に確認のうえ手配を行います。

服装のマナー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
・お通夜の服装 訃報を聞いて急いで通夜に駆けつける場合は喪服ではなく「地味な平服」で問題ありません。 平服の場合、男女とも、黒・グレー・紺などできるだけ地味な服装が望ましいです。女性は肌の露出の少ないものを選びましょう。 訃報を聞いて半日~1日ほど時間があるのであれば、「喪服(略式喪服)」で伺っても問題ありません。

・葬儀の服装 男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルの「喪服(略式喪服)」を着用します。

服装のマナーの続きを見る

香典・供花のマナー

pixta_758490_M
・香典 香典はもともと「通夜・葬儀・告別式」で、死者の霊に供する香を持参する代わりの金銭として持参するものです。 現在では、葬儀にかかる費用の相互扶助的な意味合いも強くなっています。 香典袋には、住所、氏名(フルネーム)、金額を、はっきりと記入するようにします。

・香典の表書き 仏式の場合は、「御霊前」が一般的です。ほかに「御香典」「御香料」と書く場合もあります。 四十九日後の法要は、「御仏前」と書きます。 神式の場合は、「御玉串料」「御榊料」と書きます。 キリスト教の場合は、「御花料」「献花料」と書きます。 無宗教の場合は、「御霊前」「御花料」が無難です。

香典・供花のマナーの続きを見る

記事ピックアップ

  • 葬儀の持つ意味

    近年、葬儀の形態が多様化して、従来型の規模の大きなお葬式が減少してきています。家族葬、密葬や直葬など、こじんまりと近親者だけで執り行われるケースが増えています。その理由は、…

  • 服装のマナー

    訃報を聞いて急いで通夜に駆けつける場合は喪服ではなく「地味な平服」で問題ありません。平服の場合、男女とも、黒・グレー・紺などできるだけ地味な服装が望ましいです。女性は肌の露出の少ないものを選びましょう。訃報を聞いて…

  • 葬儀社の決定

    ご臨終に立ち会ってから、遺族が葬儀までに行うことは多岐にわたります。 病院で亡くなった場合、まず最初にご遺体の安置場所を決めて搬送するという課題に直面します。この前の段階で葬儀社が決まっていれば…

  • 祭壇の種類

    葬儀の式場で最も目立つのが祭壇です。また祭壇費用が葬儀費用全体の中でもかなりの部分を占めます。仏式の祭壇は浄土をイメージしたもの…