葬儀の種類

お葬式はお通夜から葬儀・告別式という流れで行われるのが一般的です。
葬儀の種類には、特定宗教(仏式、神道式、キリスト教式など)形式に則ったものと、宗教と関係のない無宗教の形式によるものがあります。無宗教の葬儀には、自由葬、お別れ会、偲ぶ会と呼ばれているものがあります。
また、葬儀の規模や形態によって、密葬、家族葬、直葬、社葬などと呼ぶこともあります。

・お通夜
本来は葬儀の前夜に故人とごく親しかった人たちが夜を徹して故人と最後の別れを惜しむ儀式でした。
しかし現在では、一般会葬者が葬儀・告別式よりもお通夜に弔問することが多くなったこともあり、午後6時ごろから、1~2時間程度の時間で読経・焼香を行うのが一般的となりました。

・仮通夜
仮通夜は、死亡日からお通夜まで日にちが開く場合に、亡くなった当夜に近親者だけで行うことがあります。
仮通夜は身内だけで行いますので、正式な喪服でなくてかまいません。

・葬儀・告別式
一般に葬儀と告別式は同じ意味合いで捉えられていますが、本来、葬儀と告別式は別の儀式です。
葬儀は故人を葬るための宗教的な儀式で、告別式は故人との生前に親交のあった人たちがお別れをするために行う儀式です。葬儀は宗教儀礼に則った儀式ですので、宗教色がない場合は告別式だけのお葬式ということになります。
しかし大抵の場合は、葬儀と告別式を同時に行うことが多く、一般会葬者も葬儀と告別式を区別して考えることは少ないです。また、一般会葬者は葬儀・告別式よりもお通夜に弔問することが多いのも事実です。

・仏式葬
仏式葬は、日本の最も一般的なかたちで、僧侶の読経と焼香で営む葬儀です。
菩提寺がある場合は、事前に連絡をして、葬儀の日程、戒名、お布施の金額などの打ち合わせをします。
菩提寺がない場合は、葬儀社と相談して、実家の宗派に合わせた僧侶を紹介してもらい、戒名や読経を依頼します。

・神式葬・キリスト教式葬
神道式で行う葬儀を神葬祭といい神社の神官が執り行います。神社では葬儀は行いませんので、自宅か斎場で執り行うことになります。
キリスト教式葬は、教会の神父や牧師が執り行います。葬儀の場所は教会や斎場で行います。

・無宗教葬
無宗教葬は、特定の宗教(仏式、神道式、キリスト教式など)にとらわれない自由なスタイルの葬儀のことです。
決まった形式がなりため自由葬ともいわれ、葬儀というより告別式や追悼式というべき形式です。
焼香の代わりに献花を行い、祭壇には花と遺影を飾り、思い出の曲やビデオを流すことが多いようです。
最近は、信仰を持たない人や宗教観の多様性から無宗教葬が増える傾向にあります。

・お別れ会・偲ぶ会
無宗教で行う告別式を、お別れ会・偲ぶ会などと呼びます。
近親者だけで密葬を済ませ、後日改めて本葬や社葬を、お別れ会、偲ぶ会として行うこともあります。
・密葬
密葬は、一般の方を呼ばずに身内だけで行う葬儀のことです。
本来は本葬の前に近親者だけでお別れをして火葬をすませることを意味していましたが、最近では本葬を行わないケースが増えています。

・家族葬
家族葬は、故人と親しかった親族や友人だけで、お別れをする規模の小さな葬儀のことです。
宗教、無宗教を問わず、とくに決まった形式があるわけではありませんが、仏式で僧侶に読経をお願いするケースが多いようです、。
最近は、故人を遺志によるものや、高齢化に伴う故人の交友関係の縮小で、規模の小さな家族葬が増える傾向にあります。

・直葬
直葬は、葬儀を行わずに近親者や友人など限られた関係者だけが火葬場で故人に別れを告げる弔い方です。
以前は、経済的な理由や、身寄りがいないといった場合に限られていましたが、最近は、故人の遺志や経済的負担の軽減を思う遺族も多く、直葬は増える傾向にあります。

※密葬・家族葬・直葬の場合、葬儀に参列できなかった親族や友人への対応を考えておく必要があります。誤解のないように、葬儀を行わなかった旨の連絡が必要となります。
また、菩提寺と付き合いがある場合に無宗教の形式で行う際は注意が必要です。
戒名やお布施の問題もありますので、菩提寺と事前に相談しておいた方がよいです。

・社葬
社葬は、会社の役員などが亡くなった時や社員が殉職した時などに会社主催で費用負担のうえ運営を行う葬儀です。
規模が大きくなるため、大きい斎場の確保が必要となります。
遺族と会社が合同で行う場合は合同葬、また会社以外の団体が主催する場合は団体葬といいます。

・その他の葬儀
故人の遺骨を海や山などに散骨し、自然にかえすことで故人に別れを告げる弔い方を自然葬と言います。
通常の葬儀を済ませ、後日簡単な儀式と共に散骨することが多く、遺骨の一部をまく場合と全部をまく場合があります。散骨は、扱いのある葬儀社を通して依頼することができます。

本来の葬儀とは異なりますが、生前葬はという形式もあります。本人が元気なうちに、縁のある人やお世話になった人を招いて自分の葬儀を自分自身で行う形式です。直接、自分からお別れとお礼を述べるのが目的です。

記事ピックアップ

  • 葬儀の持つ意味

    近年、葬儀の形態が多様化して、従来型の規模の大きなお葬式が減少してきています。家族葬、密葬や直葬など、こじんまりと近親者だけで執り行われるケースが増えています。その理由は、…

  • 服装のマナー

    訃報を聞いて急いで通夜に駆けつける場合は喪服ではなく「地味な平服」で問題ありません。平服の場合、男女とも、黒・グレー・紺などできるだけ地味な服装が望ましいです。女性は肌の露出の少ないものを選びましょう。訃報を聞いて…

  • 葬儀社の決定

    ご臨終に立ち会ってから、遺族が葬儀までに行うことは多岐にわたります。 病院で亡くなった場合、まず最初にご遺体の安置場所を決めて搬送するという課題に直面します。この前の段階で葬儀社が決まっていれば…

  • 祭壇の種類

    葬儀の式場で最も目立つのが祭壇です。また祭壇費用が葬儀費用全体の中でもかなりの部分を占めます。仏式の祭壇は浄土をイメージしたもの…