葬儀の持つ意味

近年、葬儀の形態が多様化して、従来型の規模の大きなお葬式が減少してきています。
家族葬、密葬や直葬など、こじんまりと近親者だけで執り行われるケースが増えています。
その理由は、故人の遺志や残された家族の考え方の多様化によるものですが、背景として核家族化と長寿社会の進行、地域社会の人間関係の希薄化等の社会的要因があることも見逃せません。
規模や形式はどうあれ、葬儀は故人と残された家族・関係者との最後のお別れの場です。
後々、葬儀のことで後悔することのないように、お葬式が持つ本来の意味を踏まえて、故人とのお別れの場を設定したいものです。
そもそもお葬式が持つ意味とは何でしょうか?
お葬式には、大きく3つの意味があります。
それは、宗教的意味、心理的意味、社会的意味です。
それぞれを簡単に説明いたします。
1.宗教的意味
古来より死は、人間の生を超越したものとして畏れられ、儀式や呪術を以て、死者の魂を慰めてきました。仏教やキリスト教、神道その他諸宗教がそれぞれの教義に基づいて、魂を慰める儀式を執り行います。
2.心理的意味
故人と関係の深い家族や近親者が、悲しみを乗り越え、心の区切りをつけて、故人の死という現実を受け入れるための儀式を執り行います。
3.社会的意味
故人が現社会との関係が終了したことを知らしめます。行政機関との間で、死亡届の提出や火葬(埋葬)許可証の受領等のやりとりを行って、形式的な手続きを進めます。

以上の意味を踏まえて、故人にとって、あるいは残された家族にとって、本当に意味のあるお葬式を行うことで、故人への感謝と残された家族の大切な思い出を形にしたいものです。

記事ピックアップ

  • 葬儀の持つ意味

    近年、葬儀の形態が多様化して、従来型の規模の大きなお葬式が減少してきています。家族葬、密葬や直葬など、こじんまりと近親者だけで執り行われるケースが増えています。その理由は、…

  • 服装のマナー

    訃報を聞いて急いで通夜に駆けつける場合は喪服ではなく「地味な平服」で問題ありません。平服の場合、男女とも、黒・グレー・紺などできるだけ地味な服装が望ましいです。女性は肌の露出の少ないものを選びましょう。訃報を聞いて…

  • 葬儀社の決定

    ご臨終に立ち会ってから、遺族が葬儀までに行うことは多岐にわたります。 病院で亡くなった場合、まず最初にご遺体の安置場所を決めて搬送するという課題に直面します。この前の段階で葬儀社が決まっていれば…

  • 祭壇の種類

    葬儀の式場で最も目立つのが祭壇です。また祭壇費用が葬儀費用全体の中でもかなりの部分を占めます。仏式の祭壇は浄土をイメージしたもの…