葬儀の基礎知識

突然、近親者が亡くなったとき、哀しみと故人の思い出に浸り、現実の対応が疎かになりがちです。 普段から葬儀を経験することが少ない我々一般人にとって、冷静に手際よく葬儀の準備を進めることは至難の業です。 大抵の場合、経験豊富な葬儀社に葬儀の進行・裏方を依頼することになるのですが、依頼者である我々も葬儀について全く知識がないと、葬儀運営上に迷いが発生しますし、後悔することにもなりかねません。 ここでは葬儀の持つ意味から葬儀の流れ、マナーなどの基本的な事項をご説明します。

カテゴリ一覧

葬儀とは?

近年、葬儀の形態が多様化して、従来型の規模の大きなお葬式が減少してきています。規模や形式はどうあれ、葬儀は故人と残された家族・関係者との最後のお別れの場です。
お葬式が持つ本来の3つの意味を踏まえて、故人とのお別れの場を設定したいものです。

具体的にお葬式にはどのような種類があるのでしょうか?
お葬式はお通夜から葬儀・告別式という流れで行われるのが一般的ですが、葬儀自体の種類には、特定宗教(仏式、神道式、キリスト教式など)形式に則ったものと、宗教と関係のない無宗教の形式によるものがあります。無宗教の葬儀には、自由葬、お別れ会、偲ぶ会と呼ばれているものがあります。
また、葬儀の規模や形態によって、密葬、家族葬、直葬、社葬などと呼ぶこともあります。

葬儀とは? の詳細を見る

葬儀のマナー

葬儀のマナーとして服装と香典・供花についての注意点を説明します。

お通夜の服装は急に駆けつけるため喪服ではなくて地味な平服で問題ありませんが、葬儀の服装は、男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルの喪服を着用します。
男性はシャツは白でネクタイ・靴等は黒が望ましいです。女性の場合は肌の露出は少なくして、化粧・香水も控えめにします。子供の場合、制服がある場合はそれを着用します。
参列の際に数珠を持参するのは基本です。

香典を用意する際、香典袋には住所、姓名、金額をはっきり記入して、表書きは仏式の場合は「ご霊前」「お香典」、神式の場合は「御玉串料」、キリスト教式の場合は「御花料」等と書くのが一般的です。

供花は、最近は生花が一般的です。会場の都合もありますので、遺族に確認のうえ手配を行います。

葬儀のマナー の詳細を見る

葬儀の流れ

近親者がお亡くなりになった場合、お葬式(お通夜・葬儀・告別式)を執り行うまでに決定事項が数多存在します。
葬儀の日程を決めるには、葬儀社や寺院との相談が必要となりますが、その葬儀社を決めるのもポイントとなります。
葬儀は最短で、死亡当日が納棺、翌日がお通夜、その翌日が葬儀・告別式という流れですが、実際には、葬儀場や火葬場の空き状況や暦等に左右され、最短で行うことはあまりありません。

葬儀を執り行うにあたって良い葬儀社を選びたいものです。
良い葬儀社とは、応対がていねいで、価格が明解で、説明もわかりやすく、希望の葬儀形式にあった提案をしてくれる担当者がいる葬儀社です。
良い葬儀社であれば、お葬式の見積の内容も項目ごとに詳細に表示され、お葬式以外に必要な費用などについても説明し、総額でどれだけの負担になるのかをお知らせしてくれるはずです。

いずれにしても取り込み中はいろいろな決定事項が輻輳し、混乱しがちです。遺族だけでなく冷静な判断ができる第三者と一緒に検討するのも一つの方法です。

葬儀の流れ の詳細を見る

その他

お葬式の式場で最も目立つのが祭壇です。その費用は葬儀費用全体のかなりの部分を占めますので、選定にも気を使うところです。
仏式の祭壇には基本的に白木祭壇と花祭壇があり、その素材や構成などで、費用に差が出るようです。

故人の最期の安置場所となるのが棺です。
棺の種類は、素材として木製が主ですが、材質によって、天然木、合板、布張り等の棺があります。
種類によって、価格が大きく異なります。

祭壇も棺も単に価格の高低で選ぶのではなく、故人に相応しいものを選ぶのが肝要です。

その他 の詳細を見る

記事ピックアップ

  • 葬儀の持つ意味

    近年、葬儀の形態が多様化して、従来型の規模の大きなお葬式が減少してきています。家族葬、密葬や直葬など、こじんまりと近親者だけで執り行われるケースが増えています。その理由は、…

  • 服装のマナー

    訃報を聞いて急いで通夜に駆けつける場合は喪服ではなく「地味な平服」で問題ありません。平服の場合、男女とも、黒・グレー・紺などできるだけ地味な服装が望ましいです。女性は肌の露出の少ないものを選びましょう。訃報を聞いて…

  • 葬儀社の決定

    ご臨終に立ち会ってから、遺族が葬儀までに行うことは多岐にわたります。 病院で亡くなった場合、まず最初にご遺体の安置場所を決めて搬送するという課題に直面します。この前の段階で葬儀社が決まっていれば…

  • 祭壇の種類

    葬儀の式場で最も目立つのが祭壇です。また祭壇費用が葬儀費用全体の中でもかなりの部分を占めます。仏式の祭壇は浄土をイメージしたもの…